アールプラスハウス郡山北による建築家がデザインする価格を抑えたデザイナーズ住宅「R+house」。アールプラスハウスの建築家と直接打ち合わせできるスタイルです。キッチンやリビングなど、理想をデザインしてもらえるのに、手が届く価格帯が特徴です。高気密・高断熱・計画換気で湿度や気温をコントロールし、長く大切に住める理想の住宅です。
お気軽にお問い合わせください。
0120-786-574
受付時間:年中無休24時間受付

アールプラスハウス(R+house)郡山北は「高断熱」「高気密」「計画換気」で快適な家づくりを生み出します。

日本の断熱化基準である「省エネ基準」の基準より熱が逃げにくい

日本の断熱化基準である「省エネ基準」の基準より熱が逃げにくい!
熱損失係数(Q値)と外皮平均熱貫流率(UA値)

家の断熱性を表す数値です。地域ごとに決まっていて、数値が低いほど断熱性が高い家という指標となります。
アールプラスハウス郡山北ではQ値、UA値ともに省エネ基準より高水準の数値となっており、高断熱で暮らしやすい家です。
次世代省エネ基準の基準値

気密性もいままでの日本の目標は5.0(㎠/㎡)。R+houseの標準はその10分の1である、0.5(㎠/㎡)です。
熱を逃がさないため、外気で室内の温度が左右されにくい暮らしやすい家となります。

ただ、高気密・高断熱だけでは部屋の結露は防げません。そこでアールプラスハウス郡山北は「計画換気」で結露しにくい家を実現しています。

計画換気で内部結露

「断熱性と気密性をせっかく高めたのに、換気する事で効果が下がるから良くない事なのではないの?」と疑問に思う方もいらっしゃるかもしれません。
ただ、計画換気は快適にお住まいいただく中で非常に重要なポイントであり、建築基準法で定められている項目なのです。

昔の家は暖房や冷房の効きはあまり良くなかったのですが、ある程度換気ができていました。
住宅の気密性や断熱性の技術が進歩し、エアコンの効きは良くなった一方で、呼吸できない家となりました。
このことにより「シックハウス症候群」「ハウスダストによるアレルギー」問題が顕著化してきました。

そこで2003年7月1日に建築基準法を改定され、24時間(常時)換気可能な換気設備の設置が義務化されました。
住居では1時間に家の中の半分の空気を換気できるよう基準を設けたため、計画的な換気が必要なのです。

常時換気により、内部結露のしにくい家になるのです。

専門建築士による6のチェック

家は基礎が重要です。
基礎がしっかりしていなければ地震の時に柱の接合部分や緩んだり建物が歪みます。
建物が歪むと風や地震など外的影響でさらに強度が弱くなってしまいます。

アールプラスハウス郡山北では長く住む家を実現するために、専門の建築家による厳しいチェックを行っています。
建物は接着部分から弱るのです。それをわかっているからこそ、壁紙や床に隠れていても、一切妥協をしません。

ショックを面で受けて分散させる「R+パネル」だから耐震性が高い

以前主流であった在来工法は設計に自由度がある一方で、点で支える為強度に弱かったり、規格化されていない為依頼した大工の技術により品質が左右されるものでした。
R+パネルは規格化されているため、担当する大工の腕によって品質が左右されることがありません。

また、点ではなく面で衝撃を受ける事で、建物全体がうまく衝撃を逃がすという特徴があります。
パネル工法は耐震性の強い家にピッタリの建築方法なのです。

お気軽にお問い合わせください。
0120-786-574
受付時間:年中無休24時間受付